どうして?なぜ?

なぜ多重債務に陥るのか?

多重債務とは複数の金融機関で借入をしている状態の事です。 一度多重債務に陥ると中々抜け出せない事が多いです。

どうして多重債務になるのか?

生活の為にどうしようもなくて、必要なものがたくさんあり、あんまり考えずに、 使っていたらいつの間にか…。

入ってくる収入よりも出ていく支出の方が大きいのが原因です。 ということはバランスが取れてないんです。そうすると、返済できるお金がないので、借入の返済ができずに借金返済の為に借入を行う事になります。 この状態が続くと、最悪の結果になってしまいます。

多重債務にならないために

まず、収支のバランスをとることが重要です。返済できる余裕がない場合は 絶対にキャッシングしてはいけません。キャッシングは返済の目途があって はじめて、便利な商品となります。

返済ができないのであれば、キャッシングは救世主にはなりません。 返済のアテがあって初めて、お金が足りない時の救世主となります。

  • 生活設計を見直す
  • 収入に見合った生活をする
  • 相談相手を見つける

生活設計を見直す

生活設計をきちんとして、無駄がないかを客観的に見直してください。 少なからず無駄は必ずあるものです。無駄を省く前に借入をすべきではありません。

収入に見合った生活をする

当たり前ですが、収入よりもお金を使っていたら、生活できるわけがありません。 月々絶対に必要な費用を洗い出して、本当に必要か再度考えましょう。 保険・車・住宅費など、当たり前と思っていても見直したほうがいい場合もあります。

相談相手を見つける

なかなか相談できる相手はいないのですが、相談することで楽になる場合もありますし、改善案が思いつく可能性もあります。一人で考えるのは危険です。