どうして?なぜ?

即日でキャッシングする人の考え方

突発的に急な予定が入ってしまったり、なにか不測の事態がおきたときにお金を借りる方法と言えば即日キャッシングでしょう。

人によってはそんな急な予定が入ってもキャッシングをせずにやりくり
して当然。そういった事態を備えてある程度の蓄えを持っておくのが普通だ
といった意見もあるでしょう。でもなぜ借りる人はスピードキャッシングをする
のでしょうか。単純にいえばお金がないからともいえますが、即日で借りる金額といえば平均はだせませんがせいぜい10万円がいいところでしょう。
その代わりにキャッシングにはルールがあるということもおさらいですが確認しておきましょう。
ローンやキャッシングをご利用の方へ。ご存じですか? 借入れのルール:政府広報オンラインなどが要点を押さえまとめられているかと思います。

冷静になって考える キャッシングができる人とできない人

ここで言うできる人というのは、安易に借りることができるということではなく
信用的に借りることができる人できない人のことを指します。

まず参考サイトなどを見て頂くとわかる通り、総量規制というものがありますので
年収の3分の1までしかキャッシングは基本的にできないということになっていますね。

平均的な新卒の収入として20万円×12=240万円と考えると
この3分の1ですので、80万円ということになります。
それと、収支を考えてみましょう。

都内の賃貸で新卒の方が暮らした場合の収支(仮定)

家賃:月8万円
食費:月5万円
雑費:月5万円
——————-
合計:18万円

このように考えると2万円のみ貯金に回すことができるのかもしれませんが、
実際どうでしょう。服や付き合いの飲み会などでほぼちょきんはできないのではないでしょうか。これは新卒で考えた場合ですが、このくらいの経済状況の方はたぶんとても多いのだろうと思います。

そう考えたとき、例えば結婚式が2件重なってしまったとか、何かしらの想定はしていたが、タイミング的に来てしまったという場合に、即日キャッシングをするのではないかと
思いました。

あ一応なぜ?行動に移すのかを真剣に考えてみました

というまとめになりましたがいかがでしょうか。
キャッシングをしない人にとっては、即日キャッシングをする人のことを
バカじゃないかと思うかもしれません。
別に擁護するわけではないのですが、経済状況によっては必要な人もいるのだろうなという妄想になります。といいますか今かなりの数の方が先ほどくらいの収入だったりすると思いますのであながち間違ってはいないのかなと思います。