どうして?なぜ?

リボ払いは借入れ総額を把握しづらくなることが多いので注意が必要

リボ払いでは、月々の返済額は一定ですが、利用限度額までであれば、 何度でも借入れが可能で、毎月の借入れ残高に対してその都度、利息計算を行います。
また、月々の返済額は最低返済額を下回らなければ、利用者が自由に決定できます。 ですので、返済回数は一定ではなく、月々の返済負担を抑えることができる反面、 返済期間が長引いてしまったり、元金に対して利息支払い分の負担が大きくなってしまう傾向にあります。

厳密に言えばリボ払いも分割払いのひとつですが、
上記のような計算方法によって返済する方法を特にリボ払いといいます。

一方、分割払いとは利用時に借入額を決定し、この借入れ額に対して利息計算を行った金額を、 分割して返済するという返済方法です。返済回数によって、月々の返済額および金利が決定します。
分割払いでの借入れに対して追加での借入れはできませんが、
全体の返済金額と返済回数が変わることはないので、月々の負担は大きくても計画的に返済をしたい場合や、利息支払い分の負担を抑えたい場合に向いているといえます。

キャッシングではリボ払いが主流

キャッシングで借入れを行った場合、一括払いを選択しない限りは、
ほとんどの場合がリボ払いと呼ばれる返済方法となっています。

申し込みおよび審査の際に決定される、利用限度額以内であれば何度でも借入れできるからこそ、今月はちょっと足りない。
などという時に借入れでき、何度借入れても、月々の返済負担が大きくならない点がキャッシングのメリットであるといえます。

借りすぎに注意

しかし、こういったメリットはデメリットと背中合わせなのです。 月々の返済額が一定なだけに、今いくら借り入れているか?全体像を把握しにくいため、 そんなに借りているつもりはなくても、いつのまにか限度額いっぱいまで借りてしまう。 というケースが多いのがリボ払いの特徴です。

リボ払いでキャッシング借入れをする場合には、

常にいくら借りているのか?
返済期間はいつまでかかるのか?

をしっかりと把握した上で利用することが、 賢い利用方法であるといえるでしょう。