どうして?なぜ?

返済期日には絶対に遅れない心構え

キャッシングでの借入れを利用する際の注意点として、絶対に挙げておきたいのは、 返済期日を確実に守って確実に返済することです。返済期日に遅れる、つまり遅延が何度か続いたりすると、 そのキャッシング借入れ先だけの問題ではなくなてしまうからです。 というのも、キャッシングの利用情報(個人信用情報)というのは、その借入れ先だけが利用するものではなく、 他のキャッシング業者をはじめ、クレジットカード会社や、銀行など融資を行う金融機関によって共有されています。

一度だけ期日に遅れてしまって、すぐに返済したなどという場合には、大目にみてくれますが、 何度も続けてだったりすると、個人信用情報に履歴が残ってしまいます。

例えば、ひとつのキャッシング業者への返済を何度となく遅延させてしまったことで、 他のキャッシング業者での借入れができなくなってしまったり、 住宅ローンが組めなくなる、自動車ローンが組めなくなる、といった状況になってしまうことも珍しくありません。 返済期日に遅れるということが、利用者本人にとって不利益となってしまう可能性が高いということを、 しっかりと認識しておく必要があります。

どうしても返済が困難な場合

お金を借りたなら約束どおり返済する。至極あたりまえのことですが、 初めての利用の場合などには、ついうっかり入金を忘れてしまったり、 どうしても返済のためのお金を工面できなくなってしまった。というケースもないとはいえません。

そんな場合でも、できることはあります。返済が難しいとわかった時点でできるだけ早く 借入れ先業者に連絡を入れ、誠意を伝える。確実に返済ができる期日を伝える。 これをするかしないかでも、業者側の対応も大きく変ってきます。

口座引き落としは必須

返済の方法として必ず選択しておきたいのが、口座引き落としによる返済方法です。 返済期日にその都度、ATMなどから入金するよりも、確実に返済できる確率が高くなります。 もちろん、口座の残高が不足している場合には引き落とされませんが、少なくともついうっかりとか、 忙しくて入金できないなどという理由での遅延は、ほぼ回避できるはずです。