どうして?なぜ?

なぜ年収の3分の1までしか借りられないのか?

現在はキャッシングでの現金の借入は、
年収の3分の1までしか借りられない総量規制という決まりがあります。
これは消費者金融やクレジットカードキャッシングの場合で、
銀行カードローンは対象外となります。

これは2010年から施行された貸金業法の改正に伴うもので、
それまで特に規制のなかった借入額に上限を設けることで、
複数の業者から借入を行い、返済に苦しむ状況に陥ってしまった
多重債務者の救済を目的としたもので、結果として多重債務者は
減少しているという統計があります。

各々の返済能力に見合った借入額までしか借りられない。
わたしたち利用者を護るという意味では、
とても理に適った法改正だったように思います。
ただ実際に現在多重債務となって、さらなる借入が必要という場合や、
どうしても借入たいのだけど、
総量規制のために希望する額まで借りることができない、
というケースもあることを覚えておかなければなりません。

銀行カードローン、まとめローンなら借入額の上限なし

銀行カードローンなら総量規制に縛られることはありません。
ただし、その分審査のハードルも高くなります。
初めての借入という方で、少なくても安定した収入があるなら
、 小額であれば審査についてそれほど気にすることなく、
銀行でも融資を受けられるはずです。

既に借り入れがあって審査について自信がないという場合には、
借り換え、一本化、まとめローンとして申し込むというのもひとつの手段です。
銀行はもちろん、消費者金融においても一本化のためのサービスを行っていて、
これは総量規制の例外として認められているものです。

銀行でも保証業務は消費者金融

そして上でも述べました【銀行は審査のハードルが高い】という点。
基本的にはその通りなのですが、近年では銀行カードローンであっても、
保証業務(審査や回収についての業務)については、
消費者金融の関連会社が請け負うという形の業務提携をしているケースが多く、
以前に比べればいくぶん審査も通りやすくなった傾向にあるようです。

そういった意味で、審査に通りやすい上に総量規制の対象とならない、
銀行系消費者金融という消費者金融でありながら、銀行として融資を行う、
ハイブリットな業者が注目されています。
その分、金利についてはそれなりで消費者金融と同等となりますが、
年収と借入額によって借入れ先が限られるという方でも、
融資を受けられる可能性が高くなりますのでおすすめです。