どうして?なぜ?

借入れ先選びの際の比較ポイント

審査に通過できる業者かどうか

キャッシングでの借入れ時には、必ず審査に通過しなければなりません。 審査とは、利用者に返済する能力があるかどうかを判断するもので、年収や勤務先、これまでの借入れ状況、借入れ希望額などから、業者ごとの基準によって審査が行われます。

利用者の条件によっては、審査に通過できず融資を受けられない場合もありますから、まず第一にご自分の条件で審査に通過できる業者であるかどうかが、借入れ先を選ぶ際の比較するべきポイントとなってきます。一般的には審査が厳しい順に、銀行⇒クレジットカード⇒消費者金融と言われています。

できるだけ低金利な業者

低金利での融資を行う業者のほうが、金利分の負担も小さくなりますから、返済総額も少なくなりお得に借り入れられるのは当然ですね。業者が設定する金利内であっても、融資額によって金利は変動しますから、このあたりもチェックが必要です。

一般的には金利が低い順に、銀行⇒クレジットカード⇒消費者金融と言われています。 つまり審査が厳しいほど、低金利であるともいえるわけです。
そういった意味では、審査に通過できるかという点と、低金利であるかという点は、 表裏一体であるといえますから、ご自分の状況と照らし合わせながら、バランスのよい業者を選ぶことがベストでしょう。

また、消費者金融の一部の業者では、初回の利用やある一定額までの借入れ、 ある一定期間での返済など、設けられた条件での融資の場合に限り、 無利息での利用が可能なサービスが用意されています。
はじめて利用する場合や、まとまった収入の予定がある場合などには、 こういった業者の中から選ぶのも、選択肢の一つだといえるでしょう。

いつまでにお金が必要か?

お金が必要だといっても、いますぐ今日中に必要だという場合もあれば、 数週間後に必要になるという場合もあるかと思います。 申し込みから融資までにかかる時間が最も短く済むのは、いうまでもなく消費者金融です。

そもそも消費者金融は、即日での融資が基本であるともいえます。 ただ申し込み方法によっては、即日対応ができない場合もあります。
平日であれば、店頭、無人契約機、インターネット。 土日祝日であれば、無人契約機を利用することで即日融資が可能です。

クレジットカードはある程度計画的にお金を借りたい場合などに、事前に申し込みを済ませて準備しておける余裕がある場合には、選択肢に入ってきます。

銀行の場合、かつては審査に時間がかかるものとされてきましたが、個人の小口融資に積極的となってきた近年では、消費者金融とかわらない審査時間で融資が可能な銀行も出てきました。
そういった意味では、銀行も即日融資の場合の選択肢となってきます。 ただし、平日の銀行が営業している場合に限定され、土日祝日の場合には消費者金融一択となります。