どうして?なぜ?

キャッシングはなぜイメージが悪いと言われるのか

周りでキャッシングをしている!と言っている人に会った事はありますか? もし会った事があっても、少ないですよね? 考えてみてください。もし自分だったらキャッシングしていると 表立って言えますか?

言える人もいるかも知れませんが、多くの人はなるべく知られたくない と思います。

統計によれば10人に1人はキャッシングを利用している計算になるそうです。この数字を多いと捉えるか少ないと捉えるかは微妙なところではありますが、キャッシングで借りていても多くの場合あまり表立っては言わないことがほとんどなのではないでしょうか?

どうしてキャッシングしている事を知られたくないのか?

住宅ローンの金利より消費者金融の方が高いのはなぜで住宅ローンについて触れましたが、融資を受けるという意味では同じである住宅ローンやマイカーローン 、少し高額の商品などのローンであれば、特に何も思わないし、悪いイメージもないのに キャッシングと言うと悪い借金と思われてしまいます。単なる偏見だと思うのですが…。

偏見だと思いつつ、もし、友人などにキャッシングしたと言われた場合、やめた方がいいと 思ってしまうかもしれません。 一体何が違うのか考えてみました。

何が違うのか?

そもそも住宅ローンやマイカーローンなどは返済の目途を立てる高額のローンですね。 返済できるかなどを慎重に検討してローンを組むのではないでしょうか?

反対に消費者金融などは、返済の目途を立てて計画的に借入する方もいますが、 お金が足りないので、その場をどうにかしようとして借入する方もいます。 小額のためこういった事は起こりやすいと考えられます。

なので、返済の目途が立っていないまま借入をした人が返済が出来なくなり、多重債務になり 借金地獄に陥ったりしているのです。こういった人の事が、メディアなどを通じて情報として入ってきます。

まとめ

こういった事によって、借金は怖いもの、キャッシングは怖いものと見えてしまうのかも知れません。 もちろん、悪質な取立てや、サラ金など、怖い人が取り立てしているイメージがあったりして 怖いイメージがあったのも事実ですが、現在はグレーゾーン金利が廃止されたり、総量規制が施行されたり など、以前に比べれば、借入しやすかったり、返済しやすいサービスになっています。

きちんと計画通りに返済している人にとっては、こんなに便利なキャッシングなのになんで?と思っていると思います。 よく考えましょう。少し足りなくて必要な時にお金をすぐに用意できるサービスって他にありますか? ないんです。なので、賢く活用すれば本当に便利です。計画性が重要なんです。

キャッシングというサービスは使う人によって上手に使えますし、使い方を間違えると失敗してしまいます。 自分の意思できちんと計画を持って利用する事をおススメします。