どうして?なぜ?

キャッシングは追加借入をするかしないかがポイント

キャッシングは予め設定された限度額内であれば、何度でも追加で借り入れができる点が、私たち利用者にとっての大きなメリットです。しかしついつい借り過ぎてしまい、気が付いたら2社目、3社目からの借り入れが必要となり多重債務へと陥ってしまうリスクがあるため、メリットであると同時にデメリットであるともいえます。

本当に必要なお金であれば、追加での借入れを利用することで目的を達成できるわけですから、やはりキャッシングする理由がなんなのか?あなたにとって本当に必要なお金なのか?が非常に重要になってきますね。

これらを踏まえた上で言えることとしては、借入残高がある(完済していない)ならば、 追加での借入れを極力しないことが、より安全なキャッシング利用方法なのです。

完済していないなら追加借入しない

借りすぎに気付きにくい理由として、キャッシングの返済方法のほとんどがリボルビング返済であることが大きな原因です。言い換えれば借りすぎを回避するには、リボルビング返済を利用しなければよいともいえます。

ただし、リボ払い以外の返済方法で契約を結ぶことはほぼ不可能です、一括返済や繰上げ返済などを利用することになります。この一括返済や繰上げ返済に対応していないキャッシングサービスはないといっていいですから、積極的な利用がおススメです。

追加借入するならしっかりとした計画を立てる

例えば最初の借入れがある程度のまとまった金額だったならば、一括返済も厳しいですし、ある程度の返済期間が必要になってしまいます。こうなると完済前に追加での借入れが必要となるケースも考えられます、このような場合には最初の借入れの時よりもさらにしっかりとした返済計画を立てるべきです。

返済計画はご自身の収入と釣り合いがとれていることが重要です、さらに支出は生活スタイルとも密接に関わってくることから人それぞれに違うものなので、ご自身の収入や生活スタイルと照らし合わせて、よくよく検討することがポイントです。

リボ払いの返済では、利息計算がある程度複雑になります。基本的な計算方法を覚えることでご自身で計算することもできますが、各業者やネット上に設置されているシミュレーションツールを利用すればより簡単に利息計算を行うことが可能なので、積極的に利用してみましょう。